運転免許取得にかかる費用、少しでも安くする方法はある?

運転免許取得!費用を少しでも安くする方法プラン

旅行計画兼ねて

運転免許の区分

一般の用途のための運転が出来る第一種運転免許、バスやタクシー等、人を運んで報酬を得る業務に必要な第二種運転免許、路上教習に必要な仮運転免許の区分があります。
第一種には10種にもなる免許があります。自分にとってどの免許が必要なのかはしっかりと確認しておくべきと言えます。
良く知られる免許だと一般的な自動車を操作でき、AT限定免許というオートマチック限定の免許と、マニュアル車も両方運転出来る普通免許があります。
90パーセント以上が、AT車です。
AT限定免許の方が安価で取得出来ますが、普通免許を取得すると、原付の通称の原動付自転車も運転出来ます。
原付には、二輪のスクーターだけでなく、三輪や四輪もあります。

緊急時の対応

自動車学校の一般道での路上教習には、助手席に教官が乗っていて、助手席側にも教官用のブレーキがついています。
一般道で、路上教習中に事故が起こる可能性も、否めません。
もし車と接触事故を起こした時は、すぐにブレーキを踏み、停止することです。
頭の中が真っ白になっても、慌てずに、まずは止まり、それから落ち着いて安全を確かめて、ゆっくり道路の側道に寄って、ブレーキを踏み、シフトレバーをパーキングに入れ、必ずサイドブレーキを引きます。
そして、エンジンを停止させて下さい。
相手の車の運転手や、自分と教官のケガがないかを確かめ、ケガしている場合はすぐに救急車を手配し、場所を説明して下さい。
そして双方の接触部分を確認し、警察に連絡をして、来てもらいましょう。
教官が無事であれば、指示に従って下さい。


この記事をシェアする