運転免許取得にかかる費用、少しでも安くする方法はある?

運転免許取得!費用を少しでも安くする方法プラン

クセがついている

練習次第で

あまり運転が得意でない人が車通勤で自宅から会社まで長距離高速道路を走って通うのに、運よく二車線のうち、右側を50キロほど走れば、勝手に目的地に到着するという人がいました。
緊急な道路工事で、想定外に一車線になっていたらどうするのか等、周囲で心配したものでした。
勇気も認めますし、意外に運転好きなのは、理解出来ました。
いろいろなドライバーがいるので、自分だけが安全運転でも、不慮の事故に巻き込まれる可能性はあります。
運転に慣れるまでは特に、まわりの車の動きが読めません。
カーナビだけに頼らず、運転前にだいたいの目的地までの地図とアクセスの仕方を確認しておく方が、安心出来ます。
ドライブレコーダーを搭載すると、事故の時に役立ちます。

車間距離も地域差

車のナンバーを見て地域を特定し、前の車との車間距離を長く、変えることもあります。
当たり屋と呼ばれる保険金詐欺グループもいます。
前の車が、小刻みにブレーキを踏んだり、運行の仕方がおかしいと思ったら、体調不良や違法運転者の可能性もあるので、気を付けて、近づかないことです。
ガソリンスタンドも安価なセルフサービスが増えましたが、心配なら、慣れるまで、セルフサービスのところには行かない方がいいです。
慣れるまでの、運転プランをきちんと立てておくことが、自分の安心と、安全に繋がります。
無理をしないことが、大事です。
合流する道路の運転が一番緊張しますが、前方の安全を見ながら急ブレーキを踏まずタイミングを見て、本線の車の後続車がない時を狙って、その車両後部についていくように加速して本線に入れば、スムーズです。


この記事をシェアする