運転免許取得にかかる費用、少しでも安くする方法はある?

運転免許取得!費用を少しでも安くする方法プラン

近くまでもドライブ気分

ネット検索で車情報

車の購入は、諸費用が加算され、燃料費や任意自動車保険料、税金等、ランニングコストもかかるので、大きな買い物と言えるでしょう。
中古車であれば、諸費用を入れても数十万円で購入でき、1000CCクラスのコンパクトカーの国産車が、免許を取ったばかりや運転に自信のない人にも、向いています。
軽自動車に比べると少し車体も大きく、自動車税は普通車なので高いですが、運転技術が未熟で万が一の時にも守ってくれる装備です。
国産車であれば、メンテナンスや車検も安くて、故障も少ないメリットがあります。
運転のことだけで精いっぱいで、車自体の装備やメンテナンスまで管理する余裕もないので、販売店や近くの修理工場を押さえておくのも、いいことです。

備えあれば

友人同士で、車の譲渡をする時の手続きには、注意が必要です。
車検証の名義変更は、トラブル防止のため、必ず行わなければいけません。
自分の住所の管轄の運輸局で、手続きします。
手続きを業者に頼むと手数料が数万円かかりますが、自分でも出来ます。
実印の印鑑証明書は、市役所ですぐ印鑑登録をしてもらえますので、取得して下さい。
実印は、自動車や家を購入する時などに必要で、一生ものです。
サイズは8ミリから25ミリまでが印鑑登録可能で、材質も書体も自由に選べ、姓名の彫られたものを、印鑑専門店で、数日でオーダー出来ます。
車庫証明は、管轄の警察署で用紙をもらって、手続きして下さい。
車を譲渡する所有者の友人も、自分の印鑑証明書を取得し、車に保管している車検証、譲渡証明書、委任状の用意が必要です。
車検用に自動車税事務所発行の納税証明書、損害保険会社発行の自賠責保険証をもらって下さい。
なければ、再発行出来ます。


この記事をシェアする